ESGへの取り組みESG

当社によるSDGsへの取り組み

当社は、トーセイグループにおいて、社会の一員として信頼され、頼られるアセットマネジメント事業を展開するためには、ESGへの取り組みが重要であると認識し、トーセイグループESG方針及びESG行動指針のもと、様々な取り組みを重ねて参りました。

当社は、ESG推進において、2015年国連サミットで採択されたSDGs(持続可能な開発目標)の趣旨に賛同いたします。ESG会議にて、当社が取り組むESGの課題を抽出し、SDGsが定める17の目標の関連性について検討した結果、以下の取り組みを通じ、SDGsに取り組むことと致しました。

世界を変えるための17の目標

※当社が取り組むESGの重要課題(マテリアリティ)と関連するSDGsの目標は以下の通りです。

 以下の重要課題(マテリアリティ)への取り組み状況は、ESG会議等にて定期的にフォローアップされます。

区分 当社におけるESGの重要課題(マテリアリティ) 関連するSDGsの目標
E(環境) LED照明化工事、バリューアップ工事による建物耐用年数の長期化 11、13
エネルギー消費量・CO2排出量・水消費量・廃棄物排出量の管理と削減 7、11、13
環境認証・省エネ認証等の取得 9、11、13
S(社会) テナント満足度の向上 11
防災への取り組み 11、13
地域コミュニティの形成 3、11
従業員の能力開発 4、8
G(ガバナンス) コンプライアンスの徹底、反社会的勢力の排除 16
  • SDGsとは、持続可能な世界を実現するための17のゴール、169のターゲットを定めた国際目標です。2015年国連サミットにて採択されました。
  • SDGsの詳しい情報はこちらをご覧ください。
    https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/index.html

ステークホルダー・エンゲージメント

 当社は、トーセイグループにおける、不動産ファンド・コンサルティング事業の中核として、不動産資産運用管理、CREなど幅広くビジネスを展開するに際し、さまざまなステークホルダーからのご協力を頂いております。今後とも、ステークホルダーのみなさまと良好な関係を築くため、継続的な対話を続けて行きたいと考えます。

ステークホルダー 考え方 コミュニケーション手段
投資家・投資主 期待される収益の確保に加え、適時適切な情報の開示と十分なコミュニケーションに努めます。 決算説明会、個人投資家向け説明会、投資主総会、プレスリリース、ウェブサイト運営、定期的なミーティング、レポートの提出等
テナント テナントが安全、快適に過ごすことのできる住居の提供を通じ、テナントからの信頼を獲得します。 テナントアンケート、管理会社を通じた日常的な会話等
取引先(PM会社、鑑定会社等) 入念な協議、十分な情報共有を通じ、当社は取引先から信頼される会社を目指します。 定期的なミーティング、ESG研修等
地域社会 地域社会の一員として、イベントの実施、スペースの提供等を通じ、地域の発展に努めます。 地域美化活動、避難場所提供、会議室貸与、シェアサイクル等
従業員 従業員一人ひとりの能力、個性を尊重し、働き易い職場環境、満足できる労働条件の整備に努めます。 人事面談、従業員満足度アンケート、研修、相談窓口等

GRIスタンダード対照表

当社は、ESGの報告にあたってGRI(Global Reporting Initiative)を参照しています。