ガバナンスへの取り組みGovernance

当社は、企業理念に基づき、健全な成長を維持するための経営基盤強化、環境負荷軽減の取り組みなど、あらゆる企業活動を通じて社会からの要請に応えてまいります。当社は、活動を継続することで社会的責務を果たし、より一層信頼される企業を目指します。当社は、トーセイグループにおいて不動産ファンド・コンサルティング事業を担う一員として、トーセイグループとしての「コーポレートガバナンスの充実」に加え、以下の点において、独自の取り組みを進めております。


腐敗防止

「腐敗防止コンプライアンス規則」を制定し、役職員に対し、腐敗防止(公務員等への利益供与の禁止)を徹底しております。物件取得時には、売主に対しても同様の趣旨のアンケートにご回答頂いております。

ガバナンスリスク評価

当社では、リスク・コンプライアンス室及びESG事務局が、年に一回以上、ガバナンスリスク評価を実施し、取締役会に報告する等、必要な社内決裁を経ております。 当リスク評価に基づき、その年のリスク対策を策定しております。

ESG教育(入社時及び定期)及び人事評価への反映

トーセイにて実施する定期コンプライアンス研修及びe-learning(毎月)に加え、当社リスク・コンプライアンス室にて、 入社時及び、四半期コンプライアンス研修を実施し、研修テーマとして、ESG教育を目的とした内容が含まれます。
当社が実施する業績評価には、ESG教育を含むコンプライアンス研修の受講状況に関する評価が必ず含まれます。これにより、当社は、ESG教育を人事評価に反映させております。

コンプライアンス・企業理念アンケート

トーセイグループにて実施する上記アンケートに、当社役職員はグループの一員として毎年回答しており、企業理念の理解・浸透に努めております。

コンプライアンス部門と内部監査部門の分離

当社は、ガバナンスの徹底に不可欠な内部監査部門の独立性をより強固に保つため、リスク・コンプライアンス室と内部監査室を組織図上分離し、適切な人員を配置しております。

内部通報制度の設置

トーセイグループにて内部通報制度を設置し、その仕組みについて、役職員入社時に当社リスク・コンプライアンス室より説明しております。通報先は、社内に加え社外の第三者にも設けております。